「星の数ほどの偶然」 by ナマハゲ

ナマハゲです。

 

まずは、きちんとラストの言葉をそれぞれ考えてくれたメンバーに感謝。

 

人生ってのは不思議なものだ。

 

 

まんぷくと最初にセッションした秋葉原のスタジオ。今はもうない。

 

毛ガニとまんぷくが友として出会った小岩のバー。今はもうない。

 

さとしこが応募してきたバンドメンバー募集サイト。今はもうない。

 

おそるおそる出演したライブイベント・ORGASM。今はもうない。

 

何度も何度も演奏した高円寺のライブハウス。今はもうない。

 

 

星の数ほどの偶然が重なって、ビンビールズは十四年間ほぼ途切れることなくやってこれた。

 

その間にたくさんのものが無くなって、そしてまた何か新しいものが生まれているようだ。

 

もしもどこかで自分たちの行動が少しでも違っていたら、たとえば目覚まし時計の針が5分でもずれていたら、ビンビールズというバンド自体、この世に存在していなかったかもしれない。

 

人生は、不思議である。

 

そして、十四年の間にビンビールズと少しでもかかわってくれた人を数えたら、数百人の単位では収まらないだろう。

 

その人たちだって、今これを読んでくれているあなただって、たくさんの偶然が重なって我々と接点をもってくれたのだろう。

 

人生は、愉しい。

 

 

このたびは、自分一人のわがままがきっかけでビンビールズというバンドを一旦終わらせてしまうのだけれども、けれども、我々の人生はきっとまだまだ続くので。

 

この先どんな偶然が待っているか、誰にもわからないわけだ。

 

 

 

ビンビールズをやっている間、たくさんの言葉を書いてきた。しかし、2017年6月24日、最終のワンマンライブでは、言葉だけでは伝えきれないものをすべて放出して「有終のビ」を飾ろうと思う。

 

 

じゃあね。あと少しで逢いましょう!

 

 

text by NAMAHAGE

at 18:22, bimbeers, バンド

comments(0), -, - -

「ビンビールズ解散に寄せて」 by Q

こんにちわ。
FlatLandCoilのドラマー、Qと申します。

このビンビールズのblogをご覧の皆さんからすれば
誰だよお前、と思われるかもしれませぬが、しばしお付き合い下さい。

なんでメンバーが順番に想いを綴っているのに私が出てくるのかというと、
私、ずっとビンビールズの裏方(スタッフ)だったんです。

ビンビールズと初めて対バンしたのは2008年5月、
自分がビンビールズのスタッフとして本格的に関わりだしたのは2009年の暮れくらいからかな?
太鼓周りのセッティング、メンテナンスから搬入搬出、時々黒子になってステージで踊る、を担当しました。
主にまんぷくさんからの「Qちゃん、あのさぁ〜」から始まる唐突な無茶振りに応えるのがお仕事でした。

たまたま彼らの地元が近くて、意気投合して対バンするようになって9年。
彼らとは本気で関わってましたので、目下とか関係なくダメ出しした時もありますし、
かなりきつい事も言いました。
それだけ彼らの事が好きだったって事でしょう。

ビンビールズの皆さん、色々ありましたね。
意外に絵が下手くそでみんなからいじられたり、
胆石の手術やって復帰後のライブの出来がメタメタで、その後しばらく落ち込んでたり、
ぶっ倒れて死ぬかもしれない時にきゃりー☆ぱみゅぱみゅの歌を脳内再生して意識を保ってみたり、
酒を呑むと最近のバンドのディスりが始まったり、

全部覚えてるからね。

正直な気持ちを言えば、もっと今の立場を楽しみたかったけど、送り出すのが男ってもんでしょ。
お疲れ様でした。
ビンビールズに少しでも頼ってもらえて幸せでした。
ありがとうございました。

追伸
ちなみに私が彼らの曲で好きだったのは「満月の空」という曲でした。
ほとんど誰も知らないし、解散ライブでも演る予定もないそうです。

 



Q

at 23:53, bimbeers, バンド

comments(0), -, - -

「終わりは始まり」by さとしこ

17.6.24、ビンビールズは解散する。

 

正直、まだあまり実感はわかない。ただ、時折つぶやいてきたが、我々は明確な何かゴールを決めてやってきたバンドではないので、本当の意味での終わりは無いと思っている。

 

どこかのアイドルみたいに解散詐欺とつっこみが来るかもしれないが、またやることもあるだろう、くらいに思っている。近い将来かもしれないし、ものすごく先かもしれないが。

 

いさぎよく終われよ、と言う人にはすいませんと謝る。 待ってるぜ、と言ってくれる人にはありがとうと言いたい。

 

ナマハゲも以前同様のことを書いていたが、ビンビールズというバンドは、大げさに言うと、おこがましくも世間様に「生き方の提案」をしてきたつもりである。

 

「社会人になって本気でバンドなんて。」

「いつまで夢見てんだ。」

「結婚したらバンドなんてできない。」

「いや、さすがに子供が生まれたらもう無理。」

 

こういう風潮をくつがえしたい。サラリーマンでそれなりの地位で、本気でバンドやったっていいじゃないか。「働き方改革」だとか「ワークライフバランス」だとか、今頃になって世間が騒いでるじゃないか。 大人としての責任を取りつつ、好きなことをやって何が悪いんだ?

 

我々4人は、諸問題にときどきモチベーションが下がることはあったが、全て乗り越えて14年間やってきた。

どっかの歌みたいだが、なんだって「辞めないこと・あきらめないこと」が大事だということだ。

 

それでまかり間違って大きなライブハウスを埋めるくらい人気が出たら、痛快じゃないか。

そうやって若いバンドマン達の、勇気になりたい。 それがビンビールズというプロジェクトのミッションに、いつの間にかなっていたのだ。

 

だから、このミッションと精神に終わりは無いのだ。

僕ら4人が生きている限り。

そして僕らに共感してくれた人たちが精神を受け継いでくれる限り。

 

なんか淡々と書くつもりが暑苦しい感じになってしまった。もっと4人の関係とか、音楽的なことを書こうと思ったが、まぁまたそれはいつでも書ける。

 

解散ライブが終われば、ナマハゲは旅立つ。

残った僕ら3人の今後は、まだ決まっていない。

でもさっき書いたとおり、プロジェクトに終わりは無い。一緒になんかやるかもしれないし、やらないかもしれない。

 

僕自身、まだまだ人生においてやりたいことがいっぱいある。とにかくある。困るほどある。いや、現実は体はひとつだし、なんだか課長にもなっちまって時間も無いし、子持ちの身で金も限られている。

でも気持ちはずっと持ってる。だからときどき暑苦しいつぶやきも書く。

いいじゃないか、それで。 いいじゃないか、なんだって。

 

ということで、まとまりありませんが、6/24は最高のライブに致します。みなさま、乞うご期待!

 

 

text by さとしこ

at 16:03, bimbeers, バンド

comments(0), -, - -

「さよならの向う側」by 毛ガニ

ビンビールズ、解散しますね。

 

んー、なんでしょうね、別に良くありがちな感傷も無いし、開放感とかもない。今は驚くほど特別な感情はありませんね。

 

先日、最後のリハがいつものスタジオであったのですが…リハ中も感傷的なものや倦怠感も無く、スタジオを出るまで…出た後も全く何時もと同じでした。何なんですかね?w

 

それとも、あまりにも自分の一部になり過ぎて気づかないのかな…6/24の解散ライブが終わった後に「何か」が来るんでしょうかね…あぶねーなw

 

今、これを書いていて、思った事は、メンバーチェンジとかせず、十数年よく「4人」でやってこれたなぁ〜ってことくらいですか。

本当に各個人、実生活では何をやっているかはよくわからなくて、社会的立場とか趣味趣向とか全くお互いに興味が無いにも関らず、活動してきたことは奇跡に近い…でも楽器持って、4人集まると、違うんですよね〜なぜか。

 

自分は最初、結成当初はボーカルのつもりでいました。おそらく楽器で一番苦手なのはギターです。今更言うまでも無く、ギター関連のことはメチャメチャ疎いです。だから、よくここまでやってこれたなぁ〜っと。

4人で向き合うと何故か弾ける…アノ曲、コノ曲、どーしてあんなリフやメロディが思いついて弾けたのか思い返すと自分でも不思議な楽曲がいっぱいあります。他のメンバーが引き出してくれていたんでしょうね。

 

最後なので言いますが、一番のビンビールズファンって、自分だったんじゃないかなって、思ってます。

 

個人的に思い出す事は多々ありますが、それを含めて、それでも前に向かって進んでいくので、振り返ることはしません。

 

携わってくれた方々、一度でもライブに来てくれた方々、一度でも動画を観てくれた方々、一度でも楽曲を聴いてくれた方々、一度でもどっかで名前を聞いた方々…全ての心の片隅にでも生きていてくれて、時々何かのきっかけでビンビールズを、ビンビールズの楽曲達を思い出してくれたらそれで満足です。

 

…解散しておいてなんなんですが、この先「ビンビールズ」が自分を含めたメンバー、そして皆様方に、どんな風景を見せてくれるか楽しみなんです。

 

永遠なんて無いってわかってる…だから、さよならは言わないよ。

 

 

text by 毛ガニ

at 12:09, bimbeers, -

comments(0), -, - -

「ビンビールズと僕」by まんぷくドラマー

僕は17歳からドラムを叩きはじめて、今年で30年。

高校生の時は、BOOWY、尾崎、ジュンスカ、レッド・ウォーリアーズなどの

コピーバンドで叩き、東京に出てきてからはオリジナル曲のライブバンドをいくつも組んだ。

THE HALATION、NOIZY GANGS、モスキートパンチョ、ベルグリーズ、

グロッカーズ、キラーパンダ、そしてビンビールズ。

自分のドラム歴の半分近くはビンビールズで叩いてきた。

 

ビンビールズ時代の14年間はいろんなことがあった。

倉田がナマハゲに、原子がさとしこに、渡邊が毛ガニにへと名前が変わった。

というか、オレが変えたw

(まんぷくはすでに14年前はまんぷくであった。)

初のスタジオリハーサルで、今まで曲作り未経験のメンバーと速攻で曲作りを始め、

ものすごいペースで曲が仕上がり、即ライヴ。

サラリーマンバンドとは思えないスピードだったと思う。

 

ライブ明けのスタジオ練習では、毎回ライヴ映像をノートPCでみんなで観ながら

ダメだしをしまくった。(主に、ステージングについて)

ライヴをがんがんできない自分たちには客観的に自分たちへダメだしして、

修正を加えていくことが良いと思ったからだ。

(これ、結構良いやり方だと思いますよ。バンドマンよ、参考まで)

 

「ビンビのライヴを楽しんでもらいたい!」

純粋にそのためだけに仕事終わりの深夜練習やライヴ映像チェックに励んだ。

目的を持って努力する者には、音楽の神様はちゃんと見てくれていて

ビンビールズは演者として成長し、お客さんにも楽しんでもらえるライヴを

連発できるようになった。

 

自主制作ではなく、エンジニアの方達とつくる音源というのも

ビンビで初体験だった。そこで初めてドラムも「クリック」で叩く

というのを覚えた。(クリックでオレのドラムも成長したなぁ)

 

14年間でバンド以外のことでも色々な変化が起きた。

家族が増えたメンバー、独り者から家族になったメンバー、

かみさんが服飾デザイナーになったメンバー、猫を飼いだしたメンバー、

課長になったメンバー、社長になったメンバー、内視鏡手術をしたメンバー、

会社でぶっ倒れて死にそうになったメンバー…。

様々なことが起こったが、「解散」には至らなかった。

「ビンビールズっていつまで続くのかな?」とたまに考えたこともあった。

その時は解散する理由がまったく見当たらなかった。

 

しかし、このたび解散する。

理由はすでに周知の通りだと思うので、あえてココでは触れないが

まぁ、潔いのではないかと自分たちの事ながら思う。

ラストライヴでは「お客さんと楽しい時間をとことん共有する」

そのことだけ考えてドラムを叩こうと思っている。

 

14年間、様々な方達に支えてもらえたからこそ、今日まで来られたと思う。

本当にありがとうございました。

 

最後に、ビンビールズの曲の中で僕が一番好きな歌詞をここに記す。

 

『君の歌は綺麗じゃなくて リリカルなフレーズをまるで壊している でも最高だ』  

迷信と科学より

 

 

text by まんぷく

at 17:04, bimbeers, -

comments(0), -, - -