<< ただただ個人的な話 | main | ビンビールズがあなたにお送りする音楽の定期便 新曲『JETSTREAM』 >>

『棕櫚第五号』二作目の短編小説を書きました。11/23文学フリマ。

昨年に引き続きまして、ビンビールズのナマハゲとして二作目の短編小説を書かせていただきました。

 

曲の歌詞を含め文を書くのは大人になってからかなり好きになったのですが、小説作品として書きはじめたのは去年から。小説も音楽となんだか似ていまして。構成を最初から最後までほぼ固めてから作る人と、最初のとっかかりを作り始めてから次の展開につなげていく人と二種類いるらしいですが、僕は音楽も小説も後者です。書いているうちになんだか自分の脳の引き出しの奥深くにしまってあったものがズルズルと出て来る気がして、それがなんだか恥ずかしい気もするけど気持ち良い気もするので、書いてます。

 

なお、今回はマルカフェの棕櫚第五号特別企画として文藝部x美術部コラボという事で、sheeno様が美しい挿絵を書いてくださいました。

 

作品名『オーケストレーション』

 

【挿絵】sheeno 【あらすじ】オーケストレーション(音楽用語):管弦楽法 オーケストレーション(コンピュータ用語): 多数のプロセスが独立して動作する複雑なシステムを管理・ 統合し、首尾一貫した意思決定が提供されるよう制御・ 自動化する仕組み。フィクションか誠か、 どこまでも続くサーバラックの森の中で男が見たものは。

 

11月23日(水祝)に東京流通センターにて開催される

「第二十三回文学フリマ東京」にて販売開始します。

『マルカフェ文藝部』ブース番号:イ-43,44,45 より詳しくはコチラの本家ブログから。

 

また、ビンビールズ公式通販サイトでも通販予約開始しましたので是非。

前作「ストライダー」掲載の第四号も売ってるからよろしくね。

*発送は11月23日以降になります。通販サイトはコチラから。

 

今回の表紙も挿絵作家のなかの真実氏による壮麗な出来栄え。

部屋に飾っておくだけでもイイ気分。

 

 

【棕櫚第五号/参加作家&掲載作品一覧】
・天ヶ瀬幹夫 「桜鱒もしくは山女魚の場合/『サーモン』返話」(小説)
・石川友助 「スパイス」(小説)
岡崎友則 「錆の街の商店街」(グラフィック)
KazuTabu  「スパイス『キムラ郡キムラ村』『山の神ンガイ』」(挿絵)/「Resurface-d」(詩・随筆)
カフェラテ・イリエ 「私立探偵富頭冴シリーズ第二弾『尾行対象者』」(小説)
かめやままあ 「土佐山日記黎明編・中」(漫画)
・くりまる 「香港酒宴」(小説・挿絵)
・sheeno 「オーケストレーション」(挿絵)
・津川智宏 「妖しの門」(漫画)
寺澤智恵子 「gate」(銅版画)
・中川マルカ 「おとなひ」(小説)
なかの真実 「私立探偵富頭冴シリーズ第二弾『尾行対象者』」(挿絵)
ナマハゲ 「オーケストレーション」(小説)                           
・hunton 「おとなひ『キミエ』『エマ』」(挿絵)
水野行雄 「マルカフェおしゃべり講座『イラストの話』Q&A」(インタビュー)、「サラトガ」(イラスト)
武藤麻衣 「Animals」(写真と物語)
森瀬 一琉 「バブル/ハニーカステラ、キャラメルポップコーン続編」(小説)

 

よい読書の秋を。

 

text by NAMAHAGE

at 04:49, bimbeers, お知らせ

comments(0), -, - -

comment