<< スポーツ | main | 次のライブは恩師と共演 >>

三年目の花火です

いくつになっても夏の終わりってのは切ないもので。蝉の声も日々切なさを増してゆきます。

四つの季節の中でもしかして夏ってのはどうも一番短いものなのかもなと、いまさら気がつきました。

 

今週末の土曜日は地元秋田で「全国花火競技大会」、通称「大曲の花火」が開催されます。もう何年も行ってないけれど、どうか晴天でありますようにと願う。

 

秋田の夏は東京よりもっと短いので、八月最後の週末に行われるこの大曲の花火が終わると一気に秋が来ますね。

 

自分で作った曲はどの曲も好きですが、3年前につくったこの曲は実は特に好きな曲なんだな。けれども夏が完全に終わってしまうとあまり演奏する気にならないもので、あまりライブでたくさん演奏出来ないのが悩みどころです。

 

今のうちに。

 

 

text by NAMAHAGE

at 22:48, bimbeers, その他

comments(0), -, - -

comment