<< 新ビンビールズの歩み 第六話 サラリーマン宣言 | main | 新ビンビールズの歩み 第八話 到達点 >>

新ビンビールズの歩み 第七話 始まりも終わりも無く



2010年 冬

『ザ・ベスト』発表後もビンビールズは変わらず月一回のペースでライブをやり続けた。長いこと出演し続けているライブイベントORGASMの中でも気がついたら古参バンドの仲間入り。この頃にはORGASM主催者の有留裕志とも強固な信頼関係が生まれ、最初にORGASMに出演した頃の卑屈だったビンビールズの面影は完全になくなっていた。

「何でビンビールズはORGASMに出続けるんですか?他でも活動すればいいのに」と今でも時々聞かれることがある。正直に答えよう。あまり深く考えていないからである。もちろん仲間のバンドから自主企画イベントなどに誘ってもらえることはとても有難いし刺激にもなる。そんな時はスケジュールを調整して参加させてもらう時もある。だがやはりホームと決めているのはORGASMであることには変わりはない。

なぜなら「自分たちの居場所ってここで良いのかな?」と自問している時間がもったいないからである。綺麗事を言うようであるが、いつの頃からかビンビールズはイベントに出演させてもらうときは「自分が何をしてもらえるか」ではなくて「自分が何を与えられるか」に重点を置いて考えるようになった。それは良い演奏をすることだったり、お客さんをたくさん呼ぶことだったり、他のバンドを観に来たお客さんにも喜んでもらうことだったり、色々な手段があると思う。いちいち損得勘定を考えて迷うよりそうやって一方的に自分たちが何かを与える手段を考えた方が、気持ちも楽だったからだ。そうすれば別に期待なんかしなくても、相手も何かを返してくれるものだということがわかった。ORGASMの有留裕志はよく『共闘』という言葉を使う。そういう事だと思うし、その考え方は俺も単純に好きなのである。

2011年 春

単刀直入に言うと、東日本大震災が起きた。3月にビンビールズはライブを予定していなかったのでそれが直接活動に影響を与えることはなかったが、日本人ならば誰もが生命観について真剣に考えるきっかけとなった出来事だったのではないかと思う。音楽家であれば自分が音楽で何ができるのかを真剣に考えた人も多かっただろう。楽器を抱えて東北に向かった人もいれば、結局音楽では人間なんか救えないという結論に至った人もいただろう。

ビンビールズがした事といえば、次のアルバムまで暖めておこうと思っていた新曲『黎明』の歌詞を一から書き直して4月のライブで急遽演奏したこと、そのライブをチャリティー仕様にしてチケット売上げの半分を赤十字に寄付したこと、_ _ _ _*(テイヘン)主催のチャリティーイベントに出演させてもらったこと。そんなささやかなことだけだった。

あれから2年と少し。この記録を書いていて自分で驚いたことは、あれから ”まだ2年しか経っていない” ということだ。あまりに激烈な出来事だったために遠い昔のように思えてしまうのか、無意識のうちに忘れようとしているのか。あるいは、結局自分は東京に居て遠巻きに眺めていただけだったからなのか。とにかく、ずいぶんと昔のことのように思えてしまう。

そしてそう思うと、あの時にやったいくつかのチャリティー企画、そんな気持ちさえも自分の中では一過性のものだったと気付く。あの時感じた「これはするべき事なのか?偽善じゃないか?自己満足じゃないか?」という想いでさえも、一過性のものだったと気付く。

そのことに気付いただけでも今この記録を書いている事は無駄ではなかったなと思う。人は忘れる生き物。今の自分に何ができるのか、何ができないのか、もう一度ここで確認してみようかと、そんな風に思った。

2011年 秋。
このときに発表した新曲『黎明』を切り口に、新作のレコーディングが始まった。

(続く)

第一話 理想と現実 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421967
第二話 Do It Yourself http://blog.bimbeers.com/?eid=1421968
第三話 キラーチューン http://blog.bimbeers.com/?eid=1421969
第四話 協力者と放浪者 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421970
第五話 ザ・ベスト http://blog.bimbeers.com/?eid=1421971
第六話 サラリーマン宣言 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421972
第七話 始まりも終わりも無く http://blog.bimbeers.com/?eid=1421973
第八話 到達点 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421974
第九話 晴天の霹靂 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421975
第十話 復活 そして http://blog.bimbeers.com/?eid=1421976
最終話 不死鳥 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421977

at 18:13, bimbeers, 新ビンビールズの歩み2009〜2013

comments(0), -, - -

comment