<< 新ビンビールズの歩み 第五話 ザ・ベスト | main | 新ビンビールズの歩み 第七話 始まりも終わりも無く >>

新ビンビールズの歩み 第六話 サラリーマン宣言

2010年 春

『これからは映像の時代だ』

『ザ・ベスト』レコ発を終え一息ついたと思っていたある日のスタジオで、まんぷくがおもむろにこう言い出した。聞けばYouTube上で公開するビンビールズの番組を作りたいと言う。この一言を聞いた瞬間俺は「あぁまた俺の仕事が増えるのだなー」と半ば諦めに近い悟りを開いたので何も文句は言わなかった。

ビンビールズの夢は紅白でもミュージックステーションでもなく「タモリ倶楽部」に出演することだと暗黙の意思統一があったビンビールズ。その気持ちを鑑み、番組の名称は『ビンビ倶楽部』とすることにした。単純に言えば、パクりである。否、リスペクトである。

第一回のテーマは『サラリーマンバンド ビンビールズの練習風景を見てみよう』。それまでの活動を通じて、サラリーマンであることを包み隠さずいやむしろ俺たちの武器として高らかに宣言していこうという気持ちがようやく一つになったビンビールズにはぴったりの内容だと思った。そして出来上がった映像がこちらである。





自分でもひさしぶりに見てみたがなかなかよく出来ていると思う。各メンバーの職業紹介と仕事着のコスプレ付きでのスリーコード演奏風景、今こそ是非ご覧いただきたい。

この『ビンビ倶楽部』はこのあと第四弾まで続く。その中でも出色の出来栄えだったのが2010年初冬に公開された第三弾

『毛ガニ大陸』

である。普段は塗装工事現場監督であるギタリスト・毛ガニの内面に迫るリアル・ドキュメンタリー。この映像をきっかけに、ギタープレイとは無関係なところで既に不動の人気を誇っていた毛ガニ人気が再び爆発。これらの映像を見なおして今なら分かる。この微妙に「イラッ」と来る感じが良いのだろうな。





しかし、この毛ガニ大陸のラストを飾る毛ガニの言葉。これが全然シャレにならない出来事が数年後に待っているとは、当時の俺たちは想像していなかった。

(続く)

第一話 理想と現実 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421967
第二話 Do It Yourself http://blog.bimbeers.com/?eid=1421968
第三話 キラーチューン http://blog.bimbeers.com/?eid=1421969
第四話 協力者と放浪者 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421970
第五話 ザ・ベスト http://blog.bimbeers.com/?eid=1421971
第六話 サラリーマン宣言 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421972
第七話 始まりも終わりも無く http://blog.bimbeers.com/?eid=1421973
第八話 到達点 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421974
第九話 晴天の霹靂 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421975
第十話 復活 そして http://blog.bimbeers.com/?eid=1421976
最終話 不死鳥 http://blog.bimbeers.com/?eid=1421977

at 19:00, bimbeers, 新ビンビールズの歩み2009〜2013

comments(0), -, - -

comment