騒々しいけどごめんねいつもこんな風だよ

2016.9.25 スイスカメラ"酸素と丘とレンズ" 発売記念イベント

 

 

ナマハゲです。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。呼んでくれたスイスカメラ、ありがとうございました。共演のThe Caraway、素敵な演奏ありがとうございました。ビンビールズも今回はただ自分たちの演奏をするだけではなく、音楽イベントの一角を全うできたような気がして概ね満足しております。

 

スイスカメラはやっぱりすごく良かった。特に「アニメの世界」という曲のイントロ、名曲中の名曲。

ご存知ない方、よかったらぜひ見てみてください。こちらのインタビュー記事も興味深いです。

【Interview】スイスカメラ swiss camera

 

上記インタビューの中でスイスカメラの音楽について「個人性」という言葉で表していますが、そこのところ深く共感。

 

私も音楽で他人の人生変えようなどと大きな事は思っていませんが、第一には自分自身の人生くらいは少し変えたいという気持ちと、聴いてくれた人に何かしら感じていただいて少しくらいは気持ちよくなっていただきたいという想いでやっているつもりです。

 

今回のライブでは観ていただいた方からたくさんの言葉をいただいて、ほっこりしています。しかしながら、表現する際にはもちろん表には出さないようにしているんですが、私の心の底にはいつも「自分など大したことない」という気持ちがあるようで、それは自分の作ったものや実行した事でどんなに人に褒められても凄いよと言われても払拭できる類のものではなさそうです。人間なので肯定される事は素直に好きですが、一方で何かこう具体的に面と向かって言われるとなんだか慌ててしまい、せっかくアレがよかったコレが良かったと言ってくださっているのに「ありがとうございます!」の一言しか返せない事も多々。そんな感じですので、昨日も褒めていただいたり感想をお伝えいただいた皆様に、この場を借りて少しお詫びを言っておきたいと思います。(なおSNSとかで書いてくださる分にはとても喜びます。あとで読んでほくそ笑みます。そちら大歓迎。)

 

スイスカメラの西崎憲さんはもう本当に文学な方なので、話しているとそのあたりの心の奥底にいきなり深く切り込んで来ることがあってちょっとハッとする時があります。自分だけかもしれませんが大人になって歳を重ねてくると己の人格というものがある程度固まってきてあまり深く考えずに毎日を過ごすようになって来るのだけれども、なにか突然そんな風に心を見抜かれるような事を言われるとそれはそれで面白いというか、不思議というか。何となく私の好きな種類の音楽にも、唐突に胸に切り込んで来る様なそういう機能があるのかななどと、やっぱり音楽って好きだななどと思った一日でありました。

 

ビンビールズ、しばらくライブがありません。曲を作っていきたいと思います。

 

【2016.9.25演奏曲】

 

牛乳瓶の底

ハチミツハニー

LIFE

GALAXY FICTION

迷信と科学

ストライダー

 

 

text by NAMAHAGE

photo by 木下ひろこ

at 10:33, bimbeers, ライヴレポ

comments(0), -, - -

スメルズ・ライク・小岩スピリット

少々ご無沙汰しております。ビンビールズのナマハゲです

 

先般ひさしぶりにビンビールズ発祥の地、小岩のスタジオでリハーサルしてきました。今どき珍しすぎるスタジオ内飲食喫煙オールオッケー、小岩の怪しげな繁華街の片隅にある小さなスタジオなんですけど、設備はだいぶ古いけど、決してキレイなスタジオでは無いけれど、リハーサル終わったあとめちゃくちゃタバコ臭くなるけど、やっぱりここはなんか凄く良いんです。壁に染み付いた過去のバンドマンの怨念みたいなものが、俺たちに良い曲を作れと言ってくるんです。やっぱビンビールズの原点はここだな。言うならばビンビールズの音楽は

 

"小岩系" です。

 

Youtube見てたらそのスタジオで撮ったちょっと懐かしい映像が出て来ました。まんぷくの金髪がイカしてるぜ。

 

 

それはともかく一旦小岩から離れまして、一週間後の9月25日(日)は下北沢モナレコードでランチタイムのライブです。この日はビンビールズの文学的な側面にスポットをあてたセットリストで挑みます。ショッピングやランチのついでに是非お越しいただければと思いますよ。*ニルヴァーナは演りません

 

なお、チケット代2千円+ドリンク500円でのご案内となりますが、ドリンク500円に代えてランチセット700円でも良いみたいです。たぶんランチセットの方がだいぶお得なのでおすすめ。下でカフェもやってるモナレコードのお食事は美味しいです。

 

あまり頻繁にライブをやらないスイスカメラさんのレコ発イベントなので、もしかしたら早めにソールドアウトになるかもしれません。ご予約は是非お早めにどうぞ。

 

NEXT LIVE

 

2016年9月25日(日)
swiss camera 1st full album "酸素と丘とレンズ" リリース記念イベント
下北沢モナレコード 3F LIVE SPACE
開場12:00 開演12:30

前売・当日 2,000円(+お飲物500円)

12:30 ビンビールズ
13:10 The Caraway 
13:50 swiss camera

ご予約はコチラから。

 

text by NAMAHAGE

at 06:46, bimbeers, お知らせ

comments(0), -, - -

次のライブは恩師と共演

NEXT LIVE

 

2016年9月25日(日)
swiss camera 1st full album "酸素と丘とレンズ" リリース記念イベント
下北沢モナレコード 3F LIVE SPACE
開場12:00 開演12:30

前売・当日 2,000円(+お飲物500円)

12:30 ビンビールズ
13:10 キャラウェイ
13:50 swiss camera

ご予約はコチラから。

 

***************************************

 

今でこそビンビールズはあたらしい作品を作るたびにMusic Videoを自作してこれでもかと言うほど出しているわけですが、もちろん十何年も前にバンドを結成した当初はPV(その頃はこう呼ばれていた)なんて自分で作れるような環境もなく、ましてやYouTubeなどというサービスもない時代でありましたよ。そんな頭で活動していたので、ある時点まではビデオを自作して発表することが大切などとは夢にも思わず、ひたすら音源制作とライブ活動に集中していました。

 

そんな2008年頃、ふとしたきっかけから西崎憲さんという方と出会い。

西崎さんは、作家であり翻訳家であり、歌人でありミュージシャンであり、文学誌の編集長であり、その他多岐にわたってプロフェッショナルなお仕事をされている方なのですが、一度新宿LOFTまでビンビールズのライブに足をはこんでくださった事がありました。そしてその時に演奏していた『迷信と科学』という曲をたいそう気に入ってくださったようで、ライブ後に「ビデオを作った方が良いよ、作り方教えてあげるから」と提案までいただいてしまい、作業場へお邪魔して映像編集の勉強をさせてもらった経緯があるのです。

 

その時から、私の映像編集に対する意欲が高まって、そして今に至ります。

ビンビールズの映像制作に関して、西崎さんは恩師にあたるというわけです。

その節は、ありがとうございました。今はこんなにできるようになりました。

 

***************************************

 

そして7年後のいま

その西崎憲さん率いるポップ・エレクトロ・ロック・ヴァイオリン・ギターポップバンド

 

swiss camera(スイスカメラ)

 

のフルアルバム"酸素と丘とレンズ" リリースイベントにお誘いいただき、恩師との対バンが実現したと、そういうわけです。

 

日曜のちょうどお昼の時間から、場を荒らさない程度にしっかりと、この日のビンビールズは少し文学的に演りたいなと考えております。いや、できるかな?できるのか?毛ガニ先生!

そのあたりはお楽しみに。場所は7月に引き続き下北沢モナレコードと、不思議なめぐり合わせです。

 

スイスカメラ、実に良いですよ。たいへん良質で心地良い、日曜の午後に気持ちよくなっていただくのにぴったりです。

 

 

***************************************

 

なお、その時にサンプルで作っていただいた「迷信と科学」のPVですが、時が経つうちに当時の我々の演奏技術の拙さ(特に自分の歌だけど)が気になってきてしまい、一旦お蔵入りにしていました。この機会にこちらも期間限定公開しておきますので、よかったらご覧ください。今ならライブでも、この時の音源よりずっと気持ちの入った良い演奏ができると思うな。

 

 

text by NAMAHAGE

at 17:06, bimbeers, お知らせ

comments(0), -, - -

三年目の花火です

いくつになっても夏の終わりってのは切ないもので。蝉の声も日々切なさを増してゆきます。

四つの季節の中でもしかして夏ってのはどうも一番短いものなのかもなと、いまさら気がつきました。

 

今週末の土曜日は地元秋田で「全国花火競技大会」、通称「大曲の花火」が開催されます。もう何年も行ってないけれど、どうか晴天でありますようにと願う。

 

秋田の夏は東京よりもっと短いので、八月最後の週末に行われるこの大曲の花火が終わると一気に秋が来ますね。

 

自分で作った曲はどの曲も好きですが、3年前につくったこの曲は実は特に好きな曲なんだな。けれども夏が完全に終わってしまうとあまり演奏する気にならないもので、あまりライブでたくさん演奏出来ないのが悩みどころです。

 

今のうちに。

 

 

text by NAMAHAGE

at 22:48, bimbeers, その他

comments(0), -, - -

スポーツ

 

オリンピック、やってますね。

 

音楽やってる人には多いかもしれないけれど私(ナマハゲ)は子供の頃あまりスポーツが好きではなくて生粋の文化部でした(中学では科学部主将)。運動部のあのノリがどうしても近寄りがたくてスポーツは見るのもやるのも好きじゃなかった。坊主刈りにするのもごめんだったし、根性論とか精神論、ましてや連帯責任を振りかざす顧問の先生たちも好きじゃなかった。

 

そんな避けて通って来たスポーツだけど、不思議と年齢を重ねるにつれて何故だか、見るのもやるのもだんだん好きになっちゃってきているのが不思議。特にプロ同士の真剣勝負の模様は、勝ち負けそのものよりもなんだか見てて気持ちが安心するんだよね。

 

いろいろ嘘や仕掛けばっかりの世の中で、そこだけはほぼ嘘がない世界だからかななんて思いました。

 

だけど「日の丸を背負う」って表現だけはあんまり好きじゃないね。

誰のためでもなく、選手みんながそれぞれの自分自信のために闘うという時代が来たら、もうちょっと世の中平和になるのかもしれないね。

 

では。

 

text by NAMAHAGE

at 15:13, bimbeers, その他

comments(0), -, - -